『こちら葛飾区亀有公園前派出所』2017年09月17日

<2017年08月27日のレポート>

柴又で寅さんを見てきた後、亀有にやって来ました!

亀有駅南口を出ると両さんたちがお出迎え。

日曜日の12~15時は両さんがパトロールしているようで、15時前に両さんに会えました!
皆さん両さんを見慣れているのか?両さんがいても反応する人は少なかったですが
私がカメラを向けたらポーズをとってくれました!

さて、駅周辺?に設置された銅像巡りのスタートです(^O^)/
両津勘吉祭り姿像

ようこそ亀有へ両さん像

サンバ両さん像

少年両さん像

本田像

ワハハ両さん像

少年よ、あの星を目指せ!両さん像

中川像

麗子像
この麗子像は路上にあるのではなく、駅前のビルの7Fにありました。

ようやく亀有駅南口側の銅像巡りが終わって、駅の北口に移動して残りの銅像を探します。
両津勘吉像
この像が2006年にはじめて設置された両さん像だそうです。

薔薇と麗子像

亀有公園にやって来ました!

ダブルピース両さん像

ひとやすみ両さん像

最後に、敬礼両さん像

駅前のこちらの交番が亀有公園前派出所のモデルとか・・・
それでかな?つねにお巡りさんが派出所の前に立っていて
頼まれると一緒に写真を撮ったりしていました。

両さん像巡りをした感想としては、駅から離れてあちこちに銅像が設置されていましたが
そこに設置されている意味があまり無いような感じで、無駄に結構歩き回った気がします。
もっと、両さん巡りで町おこしに結びつくように銅像巡りに意味を持たせたらいいのにと思いました(^_^;)

『葛飾柴又、とっても良かった!」2017年09月15日

<2017年08月27日のレポート>

9月でお江戸(川崎ですが)での単身赴任が終わることになりました(^O^)/
そこで、山手線全駅巡りもやったわけですが、行っておきたい場所巡りもやっていまして
初めて、柴又に行ってみました。
柴又の駅前には寅さん記念館が20周年のポスターが貼ってありました。

寅さんの銅像です。

寅さんの視線の先には・・・

さくらの銅像です。

寅さんがまた旅に出ていくのを見送るさくらといったシーンでしょうね。

駅からすぐに帝釈天への参道がありました。

こちらがとらやです。
第1~4作まではこちらでロケが行われたそうです。

とってもイイ雰囲気ですね。
人も多すぎず、ゆっくりとお店を見ることができます。

帝釈天ではちょうど寅さんまつりが開催されていました。

手水舎です。

こちらが本堂ですね。
そんなに大きくはありませんが、街並みにちょうどあった大きさなんじゃないでしょうか。

帝釈天の奥には山本亭と呼ばれる建物がありました。

山本亭を通り抜けて、寅さん記念館に行ってみました。
ちょうど、この日から20周年記念の手ぬぐいが配布されていました(^O^)/

街並みを再現した模型がありました。

こちらはセットのとらやですね。

とらやによく来ていた社長(だったっけ?)の印刷会社です。

これは何の模型だったかな?

ちょっとコンパクトな街並みの中を通り抜けます。

外に出てくると、カワイイ寅さんがお出迎えしてくれます。

寅さん記念館を出るとすぐ向こうに江戸川が見えました。

初めて江戸川に来ました。
とってもいい景色でした。
お江戸周辺は大きな川がいくつもあって、河川敷が整備されていていいですね。
神戸にはに見られない景色です。
さぁ、次の場所に急いで移動しなくっちゃ。

『明石~神戸を歩く』2017年08月29日

<2017年08月19日のレポート>

自転車で神戸まで出かけようと家を出て海岸線のサイクリングロードを走り、大蔵海岸まで来ましたが
神戸まで往復するとお尻も痛くなるし、大蔵海岸に自転車を停めて歩きました。
時間は十分あると思っていたけど、須磨海岸に着いたら既に13時半。

今年もドルフィンコーストをやっていました。

スマホのカメラでも十分撮れるくらい近くに寄って来てくれました。

お盆を過ぎても暑い関西の夏は賑わっていました!
(ここは海岸の東の端なので、海水浴客は少ないですが)

さらに歩いて、新開地の寄席、喜楽館の建設予定地。

8/16に桂文枝師匠が鍬入れ式をしているニュースを見ましたね。

新開地で既に16時を過ぎていましたので、帰りは電車に乗りましたが
自転車は大蔵海岸に停めているので、大蔵海岸からは再び自転車で・・・

大久保付近では夕焼けになりました。
何したでもない中途半端な一日だったなぁ・・・