『明石で立ち呑みはしご酒』2017年05月23日

<2017年05月03日のレポート>

明石に到着。
呑べえに行ってみましたが、超満員で入れませんでした(>_<)
どうもこのGWは呑べえと相性が悪いようです・・・

続いてつなぎ家に行ってみると、こちらも満員・・・
みんなGWだというのに出掛けないで明石で立ち呑んでるのかぁ?

蜂の巣ものぞいてみたら結構一杯ぽい。
諦めて駅方面に歩いていると・・・
なんとポンコツが昼から営業しているじゃないですか(@_@)
夕方からの営業と思っていましたから、ラッキー!
一度行ってみたかったんですが、なかなか機会がなく・・・

しかし、店内は先客1組(おじさん二人)だけでしたので
ちょっとプレッシャーが・・・
でも、偶然にもそのおじさん二人のうちの一人は呑べえで仲良くさせていただいたキクちゃんでした。
久しぶりの再会で、ホッとしてスタートです!

まずは、瓶ビールと穴しん(穴子とおしんこ)をオーダー。
瓶ビール呑べえの450円より安い430円だと思って頼んだら、中瓶でした(^_^;)

つづいて造り盛合わせ。(カンパチ、イカ、タイ)

すじニコゴリ。

酎ハイ ガリといか串焼き。
酎ハイにお寿司のガリが入っているんですが
微妙な甘さと辛さがやみつきになりそうでした。

一足早く、先客の二人が帰られたので、残り一人でプレッシャーを感じながら吞んでいました。
しかし17時くらいになると、次第に常連さんたちがやって来たので賑やかになり
私もバトンタッチして店を出ました。

ここで、エンジンがかかってしまい。
再び呑べえへ。

17時半くらいでしたが、今回は無事にカウンターに入れました。
めいたかれいの造りをいただきました。

こちらは蛸三種盛。

最初に写真を撮るのを忘れて食べかけのすずき造り。

呑べえが雑誌で紹介されたそうです。(なんの雑誌か忘れました・・・)

明石立ち呑みはしご酒の最後は、つなぎ家へ。

この日のメニュー。

煮穴子切り落とし、生しらすです。
〆はつなぎ家で濃いめのハイボールをいただくと落ち着きますね~。(記憶も落ち着きすぎたかな?)
大満足の明石立ち呑みはしご酒ツアーでした\(^o^)/

『再び、家内と一緒に呑べえへ』2017年05月09日

<2017年05月01日のレポート>

帰省したら家内と一緒に呑べえへ行ってますね(^_^;)
この日は明石市立文化博物館で開催されている「長谷川義史の世界展」を見てから呑べえへ・・・
家内もすっかり常連さんたちとも顔見知りとなり、お店の山ちゃんとも楽しそうにしゃべっています。
この日はあいにく椅子がすべて出払っていて、家内も立ち呑みでした。
以前、立ち呑んでいて気分が悪くなったので(多分油ものを食べすぎて気分が悪くなったのかな?)
椅子に座ってないとこちらも安心して飲めません。(1時間を過ぎてようやく椅子をゲット)

14時を過ぎないとその日のメニュー(調理が必要なメニュー)が掲示されませんので
それまではカウンターに並んでいるものをいただきます。

ポテトサラダ。

ハリいかわけぎぬた。

油目の唐揚げがおいしかったので迷いましたが、食べたことのないこちらをオーダー。
テンコチ唐揚げ。(これで400円だから、1匹100円と高めのお値段です)

先日に続いて、この日もサワラがおススメとのことで
サワラ造り。

家内と呑べえに行くときは駅までたこバスを利用しますが
たこバスが好評なようで利用者が増えているそうですね。
100円で便利なたこバスが、もっとあちこち走ってくれるとうれしいな。がんばれたこバス!

『山歩きの後は呑べえへ』2017年05月08日

<2017年04月30日のレポート>

GW1回目の山歩き
を終えた帰りに明石で途中下車し、呑べえへ立ち寄りました。
呑べえは毎年GW後半はお休みになるので、休みの日を確認しておきます。
今年は5/5,6,7がお休みでした。

15時前でしたが、満員で初めて入り口のカウンターで立ち呑みました(@_@)
とりあえず、瓶ビールとしめさばなますをいただきます。
間もなく、常連のご夫妻がお帰りになられたので、通常のカウンターに移動しました。

マスターも注文が少し落ち着いてきたようだったので、造りをオーダー。
最初は真ゴチとすずきを半分ずつでお願いしたのですが
真ゴチは半分は出来ないということだったので
真ゴチ造り一人前+盛り合わせ(すずき、まぐろ、サワラ)
白身魚の歯ごたえのあるものが好きですね~。

油目新子唐揚げ。
新子と言っても結構デカいです。
ここ何年かは油目が食べられなかったのですが、今年は早々にいただけました(^O^)/